塔を出た直後、誰かの携帯電話が鳴った。
それぞれポケットから携帯電話を取り出し、画面を確認する。

「……もしもし」

鳴ったのは紘哉の携帯電話だった。
画面には知らない電話番号。
少しためらうも、電話に出る。

『――もしもし、三雲紘哉さんの電話で合ってますか?』

「合ってますけど……誰ですか?」

軽い男の声。
紘哉が答えると、相手は安心したようにため息をついた。

この作品のキーワード
探偵  推理  殺人  誘拐  ミステリー  ギャグ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。