場所は変わって事件現場。
昨日と同じで、特に変わった様子はない。

「取り敢えず、昨日できなかった聞き込みをしますか」

霞が頭の後ろで手を組み、のんびりと言う。
焔美もゆっくりと頷いた。

紘哉も恵一もいる。
けど、一人足りない。

「紘哉サン、ワトコはどうしたんスか?」

「知らない。恐らく、大学にでも行ってるのだろう」

「そうッスか。まぁ、午後から来ますよね」

「アイツならな」

この作品のキーワード
探偵  推理  殺人  誘拐  ミステリー  ギャグ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。