私を見て微笑む

そのあなたの唇に

悲しみが隠れていたのに

わざと気付かないふりをした。



今この瞬間でさえ


私はあなたを

あなたは私を

こんなにも傷付けているのに。


それでも

愛したいと願った。


それでも

愛されたいと願った。


なのに…

憎しみゆえに戸惑い

愛しさゆえに彷徨う。


ねぇ、知ってる…?

行き場を失った愛が

苦しげに肩で息をしてることを…



対立する組織の抗争に巻き込まれ

両親を失った女。

彼女が愛してしまったのは


背中に龍を持つ

「組織」の男だった。



前作「はぐれ雲。」の登場人物も、この物語の中で愛を紡いでゆきます。
この物語に出てくる天宮信太郎の過去、「『愛してる』、そのつづきを君に」もただいま執筆中です。

この作品のキーワード
やくざ  抗争  バーテンダー  兄妹  禁断  孤児  続編  長編  三角関係  刺青 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。