翌朝、水曜日。


私は、まともに睡眠の取れていない頭を無理矢理動かして、ベッドから這いずり出た。


…いや、寝れるわけないでしょ。

昨日あんなことがあったのに、寝れるわけがないでしょー!


思わず、枕をどこかへ投げつけたくなる。

残念ながら、本当に投げつけたい相手は隣の家。

シロがいるはずの部屋を睨んで、それから深いため息をついた。


…はぁ。

なんなのかしら、ホント。

なにやってんのかしら、私は。



昨日、シロが遠回しに、私のことが好きだと言った。



「…………」

…ええ、ほんっとに遠回しにね!

おかげで眠れなかったわよ、どうしてくれるのよ!


あんなに遠回しに言われちゃったら、反応のしようがないじゃない。

そりゃ、私だって前に、ものすごーく遠回しに言ったけど。


『シロのホットケーキ、他の女の子が食べるの、やだ………!』


なんて、言っちゃったけどぉ!

それとこれとは、話は別よ。

なんせ、状況が状況よ?


シロは私がシロのことを好きだってわかった上で、言ってきたのよ?

意味わかんないわよ、ハッキリなさいよ!



この作品のキーワード
デレツン  王子様  わがまま  文化祭  猫かぶり  幼なじみ  美少女  イケメン  おバカ  高校生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。