あたしは人から愛されることなんてないんだ……。

どうせ、1人。

ずっと1人だった。

これからも、きっとそう……。


――そんなあたしに光を照らしてくれたのは貴方でした。――

後悔しても、もう遅いんだね。

この作品のキーワード
切ない  多重人格  解離性  精神病  甘い