「わかってる。…なんでか、葵はダメだ。」

諦めたように、それでいて自分に言い聞かせるように言う。



そういわれて、すぐに返す言葉が浮かばないけど、

でも、すごく切なそうな河合クンの顔に触れたくて手を伸ばすと、それよりも先に河合クンの指に捕まれ、愛おしげに指を這わされる。


私達はしばらく見つめあった後、どちらからともなく席を立つ。