「詩雨子。デート、どうだったの?」

とりたてて、興味があるわけではなく、

とりあえずといった感じで、

麻衣子が聞いてきた。

「うん。それっきり。」

「やっぱり。そっか。」

「なんで、わかるのよ。」

「自分でもわかってたんじゃないの?」

「···」

「悪いこと言わないから、今の生活、

 変えた方がいいよ。」

いつもは、干渉しない麻衣子がマジで言ってきた。

「麻衣子···」

「詩雨子、楽しそうじゃないもん。」

「自分でもよくわからないのよ。」

「詩雨子が一番、普通の人と普通に結婚しそうなんだけどな~」

「そう?」

「そうだよ。ほんとは、ちょっと期待してたんだよ。設計士さん。」

「うん。自分で自爆?させちゃったかな。」

「もったいない。また、パーティー、行こうか。」

「ん···遠慮しとく。」