「わぁ~っ、寝すぎたっ!!」

なんで毎週月曜の朝は、こんな調子になっちゃうんだろう……。
慌ててベッドから飛び起き、パジャマを脱ぎ捨てる。

私、藤野百花、24歳。

一人暮らしを始めて、もう2年も経つというのに、何故だか、連休明けはいつもこの状態。
自分で自分が情けなくなってくるよ……。

でもでも、こんな状況だって、朝食の支度だけは手を抜かないようにしてる。
まだ、服も着ないで下着姿なんだけどねっ。

『どんなに忙しい朝でも、朝食はきちんと食べること!』

これ、母の口癖。

のんびり屋の母にそう育てられた私は、律儀にそれを守っていた。

この作品のキーワード
恋愛初心者  天然OL  イケメン上司  強引  胸キュン  ほのぼの  甘々  ラブコメ