身体がゾクッとして目が覚めた。カーテンを閉め忘れた窓を見れば、外は
うっすら明るくなっていた。

「あのまま寝ちゃったんだ……」

ゴロンと反対側に転がり時計を見る。5時を少し回ったところだ。
ベッドから降りてふらふらと洗面所に向かった。鏡で自分の顔を見て驚く。

「げっ! ひっどい顔……。最悪だよ」

両手で顔を包み込む。
どのくらいの時間泣いていたのか覚えていない。でも、この顔の状況から
すると、かなり長い時間泣いていたんだろう。

目はパンパンに腫れてるし、顔も浮腫んでいる。
これは化粧をしても誤魔化せないだろうと、ガックリ肩を落とした。

この作品のキーワード
恋愛初心者  天然OL  イケメン上司  強引  胸キュン  ほのぼの  甘々  ラブコメ