翌朝目が覚めると、思っていたより普段と変わらない自分がいることに驚く。
それでもやっぱり仕事に行く気にはなれず、会社に電話を掛けることにした。
始業時間にはまだ早いので誰が出るのかドキドキしていると、携帯の向こうから
聞こえてきた声に驚きながらも、ホっと息をつく。

「はい、◯◯建設機械サービス販売促進課、若月です」

「あっ美和先輩? 藤野です。おはようございます」

「百花? こんな早くどうしたの?」

それはこっちのセリフだ。クスっと笑ってしまう。

「美和先輩こそ、何でこんな時間にいるんですか?」

「うん? 昨晩デートだったから残業できなくてさ。今頑張ってやってる
 ところ。で、何か用?」

「えっと……。今日、休もうと思って」

美和先輩が「ふ~ん」と何かに気づいたような声を出す。

「美和先輩?」

「また何かあったんだ。課長絡みだよね?」

「はい……」

さすが美和先輩。私のことはなんでもお見通しだ。

「分かった。主任には伝えておくよ」

「お願いします」

先輩はまだ何か話したそうだったけれど、そのまま携帯を切ると、またベッド
に寝転んだ。

この作品のキーワード
恋愛初心者  天然OL  イケメン上司  強引  胸キュン  ほのぼの  甘々  ラブコメ