ここの所、毎日残業をしていた私。
定時に上がるなんてこと、いつぶりだろう。
美和先輩も驚いている。

「百花、今日はなんか用事でもあるのぉ? 定時なんて珍しいじゃん」

さすがは美和先輩。何かを怪しんでる感じだ。

「特に何も。調子よく仕事片付いちゃって」

うん、我ながら嘘を上手に言えました。

「そっか。私はもう少しだけ仕事してくわ」

「じゃあ、お先に失礼します」

そうフロアに残っている面々にあいさつすると、あちらこちらから「お疲れ~と声が返ってきた。

美和先輩に手を振り廊下に出ると、ドンッと誰かにぶつかる。

「すみません。ちゃんと前を向いてなくて……」

そう謝る途中、いきなり腕を引かれた私の身体は、フロアの反対側にある給湯に押し込まれてしまった。


この作品のキーワード
恋愛初心者  天然OL  イケメン上司  強引  胸キュン  ほのぼの  甘々  ラブコメ