★★★★★
これからだよ!
第二弾は、角度を変えたところからのお話――。

自分自身も今回現地に行けなくてもできることがたくさんあることを実感して、今も行動しているので、とても伝わるものがありました。

ネットでも、震災当日から多くの知人の情報をTwitterで求めたり、検索を駆使したり。そうして実際に数人の安否確認が取れました。

1年が過ぎた今も、決して「過去」にすることなく、刻み続けていきたいと思いました。

同時に、悲しみがひとつでも生まれる出来事に対しても、同じ気持ちを持てる自分でありたいとも思いました。

皆さんもぜひ、これを機会に考えてみてはいかがですか?
blanket
12/04/14 00:13

>>新着レビュー一覧へ