side 陸


あれから何時間たっただろうか


友香の部屋の友香のベッドに寝転んで

ただひたすらに友香がいた事を確かめるように

まだ友香の香りがのこる布団に包まれて

目をつむり友香との思い出を駆け巡っていた



“〇〇のいないこの空間は色あせて見えた”

よく恋愛小説であるこのセリフ。

前までこんなことありえるわけがない。

病院行ったほうが良い。

そんなことを思っていた





でも今確かにそう見えている。

この作品のキーワード
浮気  可愛い  切ない  過去  後悔  イケメン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。