狭い閉鎖的な田舎町じゃ、

そんな事件は直ぐに広まる。



被害者なのに、

こっちに落ち度があったと言う様に。



好奇の目で、

癒えない傷を抉られる。



加害者の一人が

地元の有権者の息子だった事も理由なのか。



プライベートの部分にズカズカと踏み込んで来られて、

事件を告訴するのは断念した。



自分から公にして

これ以上人の目に曝されるのは嫌だった。



そして両親も、

自分の娘が性犯罪の被害者になった事を伏せたがったから。



なのに警察やマスコミが

連日の様に家に押し掛けて来る始末。



被害者はこっちのはずなのに、

結局家族みんなが人の目に曝された。



お父さんは会社で腫れ物扱いにあって、

家に帰って来るとお酒を飲んでばかり。



そしてそのうち、寄り付かなくなった。



お母さんは近所に買い物に行くだけで、

ヒソヒソと噂話をされるようになった。



そして家から出られなくなった。



顔を合わせるとヒステリックに罵られる。



あんたが不良と付き合ったりするから。



まだ子供のくせに男に現を抜かしたりするから。



一方的に怒鳴った後、大声で泣き出す。



泣きたいのはこっちだと言うのに。



そんなお母さんと一日中同じ屋根の下で過ごしていたら、

こっちまで息が詰まる。



もうこのまま狂えると思った。

この作品のキーワード
刑事  殺人事件  大人  シリアス  純愛  謎解き  切ない  不良  恋人  運命 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。