やらなきゃいけない事は山積みだけど、

デスクワークで肩が凝って、

パトロールに出る山川さんに同行した。



助手席に座ってシートベルトを締める。



山川さんがアクセルを踏み込むと同時に、

前に言われた言葉を思い出した。



―――あんたはどっち?



途端にドキッとして、

無表情とも言える涼しい横顔を盗み見た。



どういう意味であんな事聞いたんだろう。



山川さんの性格上、

ただ意味深に言った言葉じゃない。



言葉の意味そのままに、

私に真っ直ぐ向けられた言葉だったはずだ。



気になる。



だけど蒸し返す様に聞くのも、

何か間違ってる気がする。



チラッともこっちを見ない山川さんに、

気付かれない様に溜め息をついた。



「花村」


「は、はいっ!」



溜め息をついた途端に名前を呼ばれて、

機嫌を損ねたのかと、つい大声になった。



パトカーの車内に響く私の声に、

山川さんは目を丸くして私を見た。

この作品のキーワード
刑事  殺人事件  大人  シリアス  純愛  謎解き  切ない  不良  恋人  運命 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。