彼がいなければ。
彼に逢えないなら、立ち直る必要なんかない。
失った物全てを取り戻す努力も必要ない。


そうしてあの日失った心を見つけ出せないまま、時間だけが無意味に過ぎる。


身体だけ。器だけが空虚なまま、大人になる。


まるで出会う前の彼の様に、心は子供のまま、アンバランスな大人に。


そうして彼は『過去』になる。


いっそこの身体ごと『彼』と一体になれたなら。


このまま時を止めて、未来が訪れない身体になれたらよかったのに。



それはとても悲しいのに、唯一の願いで希望だった。



これは儚く消えた
辛い辛い初恋の記憶―――

この作品のキーワード
刑事  殺人事件  大人  シリアス  純愛  謎解き  切ない  不良  恋人  運命 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。