「うまっ」

 私が作ったのは簡単な煮込みうどん。
 買い物の最中、ユズはカップヌードルでも良いから、早くできるものとリクエストしてきたので、それは料理じゃないと言い返した。

「杏奈は料理が上手なんだな」
「人並みにはできますよ」

 本当に美味しそうに食べてくれるユズを、私はテーブルを挟んだ正面から眺めていた。
 こうやって美味しそうに食べてくれると、作った甲斐があるというものだ。自然と私の顔に笑みが浮かぶ。

「意外に家庭的なんだな」
「意外って何ですか」
「いや、美人は家事ができないって思った」

 私は呆れた。

「偏見ですよ」
「そうらしい」

 私はユズの部屋を見渡してみた。
 家具は黒を基調としていて、部屋の隅には本棚がある。そこにあるのは六法全書を始めとする法律関係の本だ。

「杏奈はなんであんなとこで落ち込んでたんだ?」
「えっ?」

 ぼんやりと本棚を眺めていると、うどんをよそいなおしたユズに話しかけられた。

「今もそう。なんか、ぼうっとしてる」

 ユズといると、話しかけられない限り一人でいるような錯覚に陥ってしまう。
 それくらい、ユズは私に必要以上には干渉してこない。
 話しかけてくると、ずばっと言われるけれども。

この作品のキーワード
大人  純愛  弁護士  イケメン  嫉妬  友情  オフィスラブ  純文学  頑な  オトナ女子 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。