あの合コン後の、ユズとの一夜は、私にとって夢のようなひと時だった。

 それは、夢心地だったという意味ではなくて、どうにも現実離れした、本当に起こった出来事ではないようなそんな感覚だ。

 あの後すぐ私はいつもの日常を取り戻して、与えられた仕事をこなす日々に戻った。
 幸か不幸か事務所でユズと顔を合わせることもなく、それが余計にあの出来事を不明瞭なものにしていた。

 ……はずだった。


 いつものように、始業時間よりも早めに事務所の門をくぐり、いつものように二階に上がろうとした私。
 その日が、いつもと違ったのは――。

「あーんな」

 そう私を呼んだ声だった。
 私はぴたりと足を止めた。この事務所の人間で、私をそう呼ぶ人の心当たりはただ一人。

「……蓬弁護士」

 我ながら、恨めしそうな声が出てしまった。
 ユズはきょとんと私を見て、わざとらしく首をかしげた。

「ああ、大河原さん」

 そして、言い直す。

「絶対、わざとですよね?」
「ん、まあな」

 この男……。

「で、何のようですか?」

 ここは全所員が使う階段だから、誰に見られてもおかしくはない。できるならさっさと別れたかった。

この作品のキーワード
大人  純愛  弁護士  イケメン  嫉妬  友情  オフィスラブ  純文学  頑な  オトナ女子 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。