「大河原さん」
「あ、久島弁護士……」

 事務所の階段を上っているところで声をかけられた。そこにいたのはコウだった。そういえば、前にユズにも声をかけられたっけ。

「どうした?なんか顔色悪いけど」
「……なんでもありません」

 本当は、なんでもなくない。
 差出人不明の気味の悪い紙切れが、私を追い詰めてる。
 だけど、それをコウに言う気はなかった。ユズにも。

「そう? 疲れすぎてるんじゃない?」
「そうかもしれませんね」
「体壊したらユズに叱られるぞ。それじゃ」

 コウは手を振って、三階へと上がっていった。


 休憩時間に、お手洗いで先ほどの紙切れとにらめっこする。

「大河原さんっ」
「きゃっ」

 突然背後から声をかけられ、私は飛び上がった。

「い、岩山さん」
「ごめん、驚かしちゃった?」

 にこにこと笑いかける彼女の目線は、私の手元の紙切れにあった。

「それ、なに?」
「え」
「なになに……『貴女は俺だけのもの』っ? ラブレター?」

 興味津々な様子で身を乗り出している岩山さん。

「大河原さんって、久島弁護士とも仲がいいんだね! 羨ましいな」

 本当に羨ましそうに言う彼女は、陰口を叩いている他の人達より、ずっといい印象が持てた。

この作品のキーワード
大人  純愛  弁護士  イケメン  嫉妬  友情  オフィスラブ  純文学  頑な  オトナ女子 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。