大学一期目の半分は、新しい生活になれることと、勉強で終わってしまった。

 結局というか、やっぱりというか、桜の木の男の子こと氷田君にメールをすることはなかった。
 後期の必修科目の日程をひゅかとあわせた。あとは学校に行くだけだ。

 一つでもいいから、氷田君と同じ授業があったらな。
 私の期待は、翌日現実のものとなった。


「みあ、王子だよ。やったじゃん、同じ授業だ」

 後期最初の授業で、ひゅかが小声で私にささやいた。
 ひゅかに言われるまでもなく、私は彼に気づいていた。
 ひゅかがささやいたときには、私はその姿に釘付けになっていたから。

 柔らかそうな髪に、人懐っこいように笑う彼。
 彼の姿とともに、桜の花びらが脳裏によぎる。

「本当に……かっこいいな」
「でも、王子狙ってる子は多いからな」

 私の呟きに、ひゅかが冷やかす。
 確かに氷田君を見ていて気づいたけど、他の女の子も、氷田君を見ている。
 だって、本当に格好良いから。

「まぁ、私彼女になりたいとか思ってるわけじゃないから……」

 私は苦笑して言った。
 これは本音。
 氷田君と友達になって、仲良くなれればそれで十分だった。
 それに高望みをしたって意味はないから。

「ふ~ん?」
「なによ」

 ひゅかの意味ありげな笑いに、私は照れて言い返すしかできなかった。

この作品のキーワード
切ない  片思い  友情  純愛  大学生  浮気  純文学  プログラム 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。