「う~ん……」

 私は携帯とにらめっこをしていた。
 小さなモニターに映るのは、メール作成の画面。
 ごろごろとソファに転がって、かなりはしたないとは自覚している。

「はぁ……」

 諦めて、ため息とともに携帯を閉じる。
 陣君を誘う勇気は、まだ私にはなかったから。

 ヴ~ンッ

「わぁっ!」

 突然震えた携帯を投げてしまって、慌ててキャッチする。

「び、びっくりした……」

 メールの着信だった。
 閉じた携帯を再び開く。

「…………」

 差出人の名前は、【陣★君】――。

『みあちゃん、今何してるー?
 課題終わった?
 俺、全然わかんないんだけど!(xnx*)』

 陣君はこうやって、他愛もないメールを送ってくれる。

「…………」

 私の返信も、いつもは他愛もない内容。
 だけど、私は考えた。先ほどからなんと書こうか迷っていたメール。

「よーし、決めた」

 ちょっとテンションをあげて、私はメールを打った。

『私はどうにか終わったよ。手伝ってあげようか??』

 送信。

 陣君の返信次第で、私は次の文面も考えていた。ヴーンのヴッで、メールを開く。

この作品のキーワード
切ない  片思い  友情  純愛  大学生  浮気  純文学  プログラム 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。