間違っているとわかっているのに、私達はそれに目を瞑って、一緒にいる。

 陣と一緒にいると、凄く安心する。
 陣は私のものなんじゃないかと、錯覚に陥る。
 だけど、わかっている。
 いつまでも、一緒にいられるわけではないことくらい。


「なぁ、Ruby作ったのって誰だっけ?」

 陣のとんでもない言葉に、私は耳を疑う。

「ちょっと!それくらい覚えておきなさいよ!日本人がつくったのよ!」

 意地悪をして、名前は教えてあげなかった。あとでインターネットででも調べれば良い。

「だから、度忘れってやつじゃんか!教えてくれたって良いだろ?」
「自分で調べてよね」


 私達は、時間の許す限りいつも一緒にいる。
 一緒にいるのが心地よくて、私は陣から離れたくなる。
 一つだけ安心できたのは、一つだけ前と違うのは、陣も同じだということ。
 一方通行だったときよりも、今のほうが安心できる。
 安心できるけど、凄く恐くなる。
 私達のしていることは、間違っていること。
 本当は、わかっている。
 このままじゃあ、いけないことくらい。
 だから、私は割り切っている。
 今だけの夢だって。
 今だけ、陣と一緒にいさせてほしい。
 いいよね、今だけだったら。


「みあ、ちょっと買い物つきあって」
「ん、良いよ」

 授業が終わったら、陣が私を誘ってきた。特に異論はないので、了承する。

この作品のキーワード
切ない  片思い  友情  純愛  大学生  浮気  純文学  プログラム 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。