求めても、手に入れられはしない。
 そんなことは、最初からわかっていた。

 あの桜の舞い散る日に始まった恋は、報われることなく三年という月日を越した。

 一線を越えてしまったあの日から、なにかが少しづつ変わってしまったような気がする。
 私は、陣の前でうまく笑えなくなった。

 友達でいいから、隣にいたい。
 その思いは今でも変わらない。
 だけど、陣と一緒にいることが、私を傷つけるようになった。

 あの過去と対面した日、全てが変わった。
 二年も私を戒め続けた言葉が、陣のおかげで溶けて消えた。

 気づいたからだ。
 それが本当のことだと。
 健也は私に事実を伝えていただけだったんだと。それに気づいて、私は考えるようになった。
 どうやったら前に進めるかと。
 三年以上も想い続けて、もう充分じゃないかと思った。

 本当は、何度も何度もデバッグしようとした。
 だけど勇気がなくて、できなかった。
 だけど私はもう、気づいていた。
 陣とはもう、友達でいられないということに。

 大学生活も四年目を向かえた。大学最後の年だ。


「とうとう最後の年だね」
「うん、みあ、どうにかちゃんとここまでこれたね!」

 ひゅかと二人で笑いあう。
 成績的にも危ない橋何度もわたったけど、なんとか無事にここまでくることができた。

「就職とかも考えなきゃいけないよね」

 ひゅかが憂鬱そうにつぶやいた。

「就活とかも大変そうだよね、この時代」
「うん。とりあえず卒業が最初の課題だけど」

 卒業できなかったら、本当に大変だ。死に物狂いで勉強するしかない。

この作品のキーワード
切ない  片思い  友情  純愛  大学生  浮気  純文学  プログラム 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。