「おはよー」


「よーっす」



朝の挨拶をしながら教室の中を自分の席まで進む。



「みーなみ!」

「おわ!」



机にカバンを置いたとたん、小さな体がのしかかってくる。




「んもお、加奈!!あんたは小さくても重いんだから!」



そう言って背中の小さな体を無理やり降ろす。








この作品のキーワード
家庭内暴力  不良  学園恋愛  弁護士  1人暮らし  家出  ピンク14