そこは異世界のような熱気に溢れ、怒号が飛び交う場所。


 緊張感に満ちて、見逃してしまうような一瞬を形にとどめる場所。




 私は何度目かになるかもわからないため息をついた。

 その視線の先にいるのは、フラッシュを浴びている被写体。



 最高の見た目を持つ男。




  私が初めて興味を持った人は、
    最高の見た目を持った、
      最低の男だった。




この作品のキーワード
吸血鬼  恋愛  甘い  モデル  イケメン  ファンタジー  純文学  トラウマ   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。