それは、信じていた世界がひっくり返った事実。

 にわかには信じがたい、近くにいた人たちの秘密が明かされた。



 私ははやるような想いを胸に、彼のことを待ち焦がれた。

 思いの先にいるのは、最高の見た目を持つ男。



 銀色の髪の吸血鬼。





 私が気になる男は、
   私のことを気にかける、
     優しいヴァンパイアだった。




この作品のキーワード
吸血鬼  恋愛  甘い  モデル  イケメン  ファンタジー  純文学  トラウマ   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。