私たちは相変わらずの生活をしていた。

毎日、同じ部屋に寝泊まりしているにも関わらず、

お互い会話することもなければ、会うこともない…


でも、それにさみしさとかを感じたこともなければ、うっとおしさもなかった。

私は、正直結婚したことも忘れているような感じだった。




大学生活も美佐と楽しく毎日を送っていた。


そんなある日…


美佐が、合コンをするからと誘ってきた。

いつもなら、学生同士での合コンが多いのだけど、

今回は美佐の友達の彼氏の会社の人との合コンになったらしい。


美佐曰く・・・亜紀には年上の人の方がいいと思うから…とのことだ。


私の人生初の合コンは明日となった。

この作品のキーワード
副社長  結婚  俺様  金持ち  御曹司  大学生  純愛  許嫁