あれ以来・・・私たちは思ったことを言葉にするようになった。

拓海さんも・・・言ってくれるんだけど…それがちょっと。


ある朝のこと。


『今日、美佐と彼氏と食事してくるから遅くなるね・・・』

「美佐ちゃん?と彼氏??
 女の子だけならいいけど、男一緒なのには行っちゃだめ!!」

『付き合いもあるでしょ。・・・お願い!!』


美佐が彼氏を紹介してくれるというから・・・


『あのね・・・美佐が彼氏を紹介したいっていうから・・・
 会って、ご飯食べたらすぐに帰ってくるから・・』


私がお願いをすると、しょうがないという顔で許してくれた・・・



このごろの拓海さんはいつもこんな感じ。



 

この作品のキーワード
副社長  結婚  俺様  金持ち  御曹司  大学生  純愛  許嫁