それでルイズルイス加部で活動しはじめたんだけど、どこかの取材で写真をとってたら「じゃあ加部さん、ルイズルイスってどういうスペルですか」っていきなり言われて焦ったね。

「ちょっと待って、俺トイレ行ってくる」って行ってブッチを呼んで「スペルどうしよう」って。カタカナでしか親父の名前は知らなかったし、どうもいろいろスペルがあるらしくて困っちゃってさ。

 そのときは結局ブッチが適当にとりつくろって言ってくれて「あ、そうそう」って言ってごまかしたんだけど、俺はスペルって言ったってローマ字もやっと書けるくらいなのにね、ホント困ったもんだったよ。

 それからだよ。ちゃんとスペルを覚えておこうって。スペルって言われたのは初めてだったよ。加部ってどういうスペルなんて聞かれたことないしね。

 ちなみに当時からのサインはルイズルイスって書いてないし、英文字じゃなくてひらがななんだ。勝ち抜きエレキ合戦の時にサインしてくださいって初めて言われて加部正義って書いたんだけど、それから学校で暇だからサインの練習をしてたんだよ。それでひらがなで書いていて、「し」から「かべまさよ」ってそんな感じ。

 その時から今まで基本変わってないけど、最近は複雑すぎるから面倒くさくなって適当にやっている、もう同じには書けない。ギザギザの数が違ったりしている。そんなのしっかり書いていたら時間かかってしょうがないしね。サインなんてそんなたいしたもんじゃないし、長嶋茂雄とか、石原裕次郎とか、小林旭とかだったらいいだろうけどね。

この作品のキーワード
音楽  ロック  ベース  ギター 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。