仙台にツアーで行ったときにメンバーのひとりがマリファナを持ってきて、みんなで初めてやったんだ。こんなにいいものが世の中にあるのかなあなんて思ったよ。

 無茶苦茶きいちゃってさ。それでステージに出たのはいいんだけど、トキさんはずっとライトを見たまま歌わないんだよ。演奏始まっているのに、ぽーっとしちゃってね。途中で気がついて歌い出したけど、すごかったよ。

 そういうドラッグやシンナーなんかは気がついたら身の回りにあった。1960年代後半、当時はベトナム戦争があって、米軍の連中はいつ死ぬかわからないから、気を紛らわすためにそういうのをいっぱい持ってきてたんだ。俺が住んでいた家は兵隊さんたちの溜まり場みたいになっちゃって、仕事に行っている間に家に入ってるんだよね。朝起きると口の中にそういうものを入れられたり、彼らが戦地に行くときにもういらないからって枕カバーに入れて持ってきて、つかめるだけ持っていっていいよって言われたり……そんな生活になっていたよ。だからタダだったんだ。自分からお金を出して買ったりしなかったよ。

 はじめは興味本位だっただけど、別の世界を見れて、そのほうが居心地がいいからはまっちゃったね。普通に考えると疲れることが多いんだよ。その頃はシンナーが一番好きだった。夢の中にいるみたいで自分が楽だったんだよ。

この作品のキーワード
音楽  ロック  ベース  ギター 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。