京・六条の辺りにある小間物屋
『妖幻堂(ようげんどう)』

小さなその店の主を務めるのは
一人の男。

店先に並ぶは簪や手鏡。
奥にはちょいと不気味な
張り子細工など。

妖幻堂に来る客は
何も小間物目当てだけではない。

どうにもできぬ悩み事を抱えて
敷居をまたぐ者。
主の興味を惹きさえすれば
厄介事でも引き受けてくれる。

ただし、それにはそれ相応の
覚悟が必要。

相談事は店の奥へ。
そこはまるで、一種異世界---

***************
2012/04/01:開始
2013/01/05:完結

☆以降の更新は訂正☆

この作品のキーワード
不気味  不思議  和風 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。