時は中世――カローレア王国


小国と呼ぶには、少し大きく、人口も多いその国は国王を亡くし、女王が治めていた。


隣国との小競り合いもあったが、女王の腕と、兵の鍛え抜かれた強さもあってか、被害が大きくなることはなかった。


平和なカローレア王国


そのカローレア王国の中で波乱が起こる


この作品のキーワード
中世  盗賊  王子  騎士  金髪