「何だこれー。」



凛がさっきまで、立っていた床に翔が手を伸ばす。



「…こ、この人…!」



翔が持っているのは皮で出来ているカバーケース。


一体、それが何だというのだろうか。



「貸せ。」



何時もの翔だったら、放り投げて俺にパスするのに手渡しで俺に渡す。



 

この作品のキーワード
女総長  暴走族  総長  感動  最強  クール  ブルー13  男装  男子校  美少女 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。