私も急いで校庭の野次馬に加わった。


たまたま、隣に居た紫不良くんに声を掛ける。



「おい、一体、誰が此処を通るんだよ?」



振り返り、紫不良くんは私の顔を見た瞬間、ゲッと嫌そうに声を出す。



「渋って無いで教えろー」


バンッバンッと、大阪のおばちゃんの様なテンションで背中を叩き促すと、渋々て口を開く。



「…凛華だよ。」


「凛華って…何?」



緑不良がさっき言ってたが、イマイチ何者なのか良く解らない。



「お前、ばっかじゃねえの?そんなんで此処の高校来たのかよ…!」



と、いきなり嘲笑う。


この作品のキーワード
女総長  暴走族  総長  感動  最強  クール  ブルー13  男装  男子校  美少女 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。