ペチペチ……ペチペチ…



「うぅ…後、もう少しだけ…」



ペチペチッ…ペチペチッ…



誰かは知らないが、私の頬を叩いて来る。



「……起きろ。」



テノールボイスと、共に頭に拳骨が落ちる。



「いってえ!」



手加減無しに、拳骨は頭の真ん中にクリーンヒット。

私は、その痛みにガバッと起き上がり、私に暴力を降った奴を確認する。



 

この作品のキーワード
女総長  暴走族  総長  感動  最強  クール  ブルー13  男装  男子校  美少女 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。