それから何日も何日も病院へ通った。


これは私の義務、そして私の意思。


そしてあれから里菜とは一度も話をしてない。


プルルル··


『はい』
「あ、大和?今から行くけどなんか欲しいものある?」
『…大丈夫だよ。気をつけてな。』
「りょうかーい!じゃ、待っててね」



この作品のキーワード
  双子  純愛  切ない  嫉妬    泣ける  勘違い  偽り  生きる 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。