私は色々な国の人々や風景、生活などの写真集を手に取り、夢中でみてた。


あ~癒される···

同じ空の筈なのに、なぜこうも違って見えるのか。


緑もきれい。
海も青く透き通ってる。
発展途上の国の人々も生き生きと生活してる。


私もこんな写真を撮ってみたい。


そんな私、ようやく隣の視線に気づいた。

「うゎッ!!!」
「また会ったね」

その視線の主は――――

大和さん!

「ちょ…いつからッ···こ、声掛けて下さいよ!!ホント!!」
「陽菜ちゃんすごく楽しそうだったから」
「····」


そんな風に笑い掛けられたら、無駄にドキドキしちゃうよ!


「それ、俺も持ってる。」
「え??」

「陽菜ちゃんも写真、興味あるんだね!里菜の影響?」


この作品のキーワード
  双子  純愛  切ない  嫉妬    泣ける  勘違い  偽り  生きる 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。