土曜日里菜·大和さん、私·洋汰さん。
この4人で出かけることになった。

きっかけはもちろん…





「えぇ!!陽菜にカレシ????!」


本来決して報告したくない相手だけど、なにせ大和さんの友達が彼氏…

この実情を隠せるわけがないと大人しく伝えた。


「え?え?!なんでぇ??!」
「いや…なんか…そうなったから…」
「ふぅん?ね、どっちから告ッたの?どんな人?いくつ?」
「…大和さんに聞いて」


私は矢継ぎ早に聞かれることに嫌気と面倒臭さが合わさって、一言そういって部屋にこもった。


「大和に…??」



この作品のキーワード
  双子  純愛  切ない  嫉妬    泣ける  勘違い  偽り  生きる 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。