あぁ…今日は曇りか…。


小さな溜め息をつく私。

溜め息の理由はそんなことだけじゃないけど。


「陽菜チャン!」


日に日に罪悪感が募る。

洋汰さんはすごくいい人なのはわかった…だけどやっぱり私の中の…あの人が消えない。


「今日は何講義まで?」
「あ…と…午前で終わりです…」
「そっかぁ…おれも午後サボろっかなぁ…」
「だ、だめです!!」
「…言われると思ったー!じゃあまた連絡する!」


そう笑って洋汰さんは去った。


この作品のキーワード
  双子  純愛  切ない  嫉妬    泣ける  勘違い  偽り  生きる 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。