サヤ子はぐっと奥歯を噛みしめると、

 「・・・そーゆー事なんで、後ろ行って??」

 今にも零れ落ちそうな涙を堪えながら森田に笑いかけた。

 森田は切なそうに顔を歪めると、サヤ子の頭をくしゃくしゃと撫で、クルっと後ろを向いた。

 「逆だし。俺がサヤちゃんにストーキングしてんの。今だって『後ろに行って』って言われたけど行く気ねーし」

 そう言い返すと、また身体の向きを変えてサヤ子に微笑む森田。

 「そーゆー事なんで移動しないよ??」

 イタズラっぽく笑う森田に、とうとう堪えきれなくなってしまったサヤ子は、溢れる涙を袖で拭った。

 「・・・私の隣に座ったって事は、私が授業で分からなくなった場合、快く教えないといけないんだよ??」

 もっと可愛く泣けばいいのに、涙を見せたがらないサヤ子は、顔を隠しながら強気を見せた。

 「喜んで♬」

  森田がそんなサヤ子の背中を優しく摩る。

 泣かせてあげたかったのだろう。

 「・・・森田くん、ありがとうね。森田くんにまで迷惑かけてごめんなさい。それなのに、優しくしてくれてありがとうね。庇ってくれてありがとう。嬉しかった」

 何度もしきりにお礼を繰り返すサヤ子の背中を摩るのをやめ、森田はその手をサヤ子の肩に回すと、自分の方に引き寄せた。

 「サヤちゃんの涙声、エロセクシーですー」

 わざと軽口をたたく森田に、

 「・・・森田くん、手早いですー」

 サヤ子が少しだけ笑顔を取り戻した。

 そんな2人になんとなく近づけなくて、俺は2人から少し離れた所で授業を受けた。

 1番前の席に座る2人は、どこの席からも見えるわけで。

 時折2人が肩を寄せ合って教えあう仕草に

 イラ立って、苦しくなって、

 やっぱり、サヤ子が好きだった。

この作品のキーワード
後悔  切ない  教師  元カレ  再会  ラブコメ  過去  イケメン  学校  同僚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。