「違うって。何も悪い事してないのに謝るなって。こっちが困る」

 謝ったところで、結局青山くんは困るらしい。

 もう、どうしたら良いのか分からない。

 困惑していると、助け船の様にバスがやって来た。

 終バスに近い時間帯のバスだった為、あまり人は乗っておらず、一番後ろのシートを2人で広々と座る事が出来た。

 お酒とバスの揺れが、眠気を誘う。 勝手に瞼が落ちてくる。

 頭部は勝手に左右に揺れ、何度か往復すると、何かに頭を押さえつけられた。

 薄ら目を開けると、

 「サヤ子、窓に激突するぞ。着いたら起こしてやるから、肩貸すよ」

 青山くんが私の頭を保護していて、そのまま私の頭を自分の肩に引き寄せた。

 青山くんとの近さに、半開きだった目は全開に。

 「う、うとうとしてしまってすみません。大丈夫です。起きてます。ありがとうございます」

 ビックリしすぎて後ずさると、

 「・・・そんなに嫌??」

 女に避けられるなんて経験をした事がないのだろう。青山くんは少しショックを受けている様だった。

 「・・・いえ。『桜井先生の手前、一応』そういう事はしない方が良いと思います」

 大学時代のチャラさが今尚ほんのり残る青山くんに、さっきの青山くんの言葉を引用しながら苦言を呈すると、

 「・・・サヤ子はいっつも間違ってるけど、いつでも正しいね」

 青山くんはわけの分からない事を言って、流れる窓の外の景色に視線を移した。

 窓に映る青山くんの顔は、何故か少し淋しそうだった。

この作品のキーワード
後悔  切ない  教師  元カレ  再会  ラブコメ  過去  イケメン  学校  同僚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。