「分かった。誰にも聞かずに心当たりを探してみる。私が出たら、内側から鍵かけて。今日の保健室は吉村さん専用です」

 とりあえず、吉村さんに腕を放してもらおうと、咄嗟にありもしない『心当たり』とやらを口に出す。

 「本当に誰にも言わないで下さい」

 私に念を押しながら、吉村さんがそっと手を離した。

 「うん。約束」

 吉村さんの肩を撫で、保健室を出た。

 ・・・約束、してしまった。

 『出来ない約束はしてはいけないよ』って小さい頃からおばあちゃんに言われてきたのに。

 でもだって、あそこで吉村さんと『どうしよう、どうしよう』って悩んでいても埒が明かないと思ったから。

 ひとまず、職員室行ってみよう。何かあるかもしれないし。

この作品のキーワード
後悔  切ない  教師  元カレ  再会  ラブコメ  過去  イケメン  学校  同僚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。