「凄いね。K大なんて私にはとても・・・。てゆーか、そろそろ進路指導室行った方が・・・」

 これ以上聞かれたくなくて、早く行けとばかりに促す。が、

 「高村の志望校には工学部ある??」

 青山くんの追及は止まらない。 頭の良い人に自分の夢を話してしまった事を後悔した。

 「あったと思うけど」

 『もう、さっさと行ってくれよ、青山くん』と心の中で呟きながら、若干の面倒くささを醸し出しつつ答えると、




  「青山、遅い!!」

 突然教室の扉が開き、担任が入ってきた。




  助かった・・・。と思ったが・・・、




 「センセー、高村ってドコの大学行くの??」

 今度は担任に私の進路を聞こうとする青山くん。

 やめてくれ!! 青山くん!!

 担任の口を封じようと担任に駆け寄ると、

 「答えるわけないだろ。ほら、進路指導室行くぞ」

 担任は、困った顔をしながら青山くんの腕を引いた。

 よしよしよし。私は帰ろう。

この作品のキーワード
後悔  切ない  教師  元カレ  再会  ラブコメ  過去  イケメン  学校  同僚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。