藤堂家に住み始めて数日が経った。


あれよあれよという間の数日。

私は自分の適応能力の凄さに正直驚いている。


玲に報告した際は凄く驚いていたけど、

『野宿するよりマシ』だと、返って安心した様子。


一応、お兄さんの紹介というのもあるし、

相手が誰なのか、ハッキリしてるというのが1番の理由らしい。



隼斗さんのご両親は物凄く優しい。

私を本当の娘のように接してくれている。


時折、彼のお母さんのテンションの高さには、

驚く事もあるんだけど、決して悪い人では無い。

どちらかというと、とても正直で朗らかな人だ。



昼休み、玲と教室で話をしていた。


「ねぇ、どうなの?彼とは上手くいってる?」

「上手く……ねぇ……?」

「その………もう、しちゃった?」

「しちゃった?って、何を?」

「何って、アレを……」

「アレ?…………って/////しっ、シてないよ!!/////」

「へぇ~。彼、意外と真面目なんだぁ」


玲は含み笑いをしながら、パックのジュースに口を付けた。

他の子もいる教室で『アレ』とか『シた?』とか聞かないでよ!!


周りに聞こえたらどうするつもり?!


この作品のキーワード
家元  イケメン  結婚  条件  可愛い  御曹司  処女  初恋  同棲  花嫁