***

「貴方は、だれ?」


「俺?君の婚約者だけど」

「…うそ」

ある日、事故で目覚めると、目の前には婚約者だと、名乗る男性がいた。


「俺は、ヴァンパイア。お前は俺の花嫁になるっ、約束をしたんだ」

その男性は、自らをヴァンパイアと名乗り、私を婚約者だと言った。



けれども、それは……


「どうして、そんな嘘をついたんですか?」

「お前を、手にいれるためだよ。全ては嘘なんだ」


それは、嘘つきヴァンパイアとの出会いだった。
***


20130826~star!



この作品のキーワード
ファンタジー    異世界  花嫁  神様  記憶  ヴァンパイア    狂愛  神様シリーズ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。