俺は今まで“女”というのもに、執着したことがなかった。

けど、杏花と出会って“執着”どころか、

“独占欲”という感情に支配されている。

今朝、婚姻届を区役所に提出してからというもの

杏花を見るたびにニヤけそうになる。

だって、すげぇ美人なのに…

自分じゃ気づいてないから、仕草一つ一つが愛らしい。


今までの女は、自分の容姿に自信を持ってるような女ばかりだったから。

まぁ、俺の好みが美人なのは変わってねぇか。

けど、杏花は女の武器の使い方を知らない。

今までの女はワザと胸を強調させたり、

変に甘ったるい匂いの香水をプンプン匂わせ…

無意味に身体をくねくねさせながらへばり付いて来た。


―――それがどうだ。


杏花は香水を匂わせるどころか、俺に近寄る事すらしない。

俺に魅力が足りないのか?

コレでも結構女には不自由してないんだが。


そんな純粋無垢な杏花は、無意識で俺を誘ってくる。

本人は全くもって自覚が無いらしい。

まぁ、コレが堪らねぇんだわ。


この作品のキーワード
秘密  特別  後継者  結婚  イケメン  一途  夫婦  妊娠 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。