【夏実side】

就業時刻が定時になると社長室から社長と雅が
出て来た。

「今日は、久々に定時で帰れるし、皆で食事に
でも行かないか?」

「あらーいいですわね!
巳典、樹君も呼びなさいな」

「…うん。でも、今日は朝、サボってたし、
帰れるのか…」

「社長命令とでもいいなさい!」

凄い!さすが…お義母さん。

「俺達は遠慮するよ」

「何を言っているの。雅達は強制ね」

「だが、俺達は、話し合わないと…」

「雅、行きましょう…ね」