「章人専務、ジェームス様がご来社されました」


「ああ、分かった。すぐ行く」


ジャケットを羽織り、身を翻す様に専務室を出る章人の後ろを、離れない様について行く。


会社では、あたしたちはあくまで“専務と秘書”。


家での甘い雰囲気を、出してはいけない。


それは、章人だって心得ている。


応接室にお茶を持っていきながら、流暢に英語で会話をする章人に、情けなくもときめいたり…。


今まで、仕事以外に目を向けなかったあたしは、すっかり変わってしまった。


「失礼いたします」


お辞儀をし、部屋を出て行こうとした時、あたしの業務用携帯が鳴る。


マナーモードにしていたから、それほど目立たなかったにしても、章人はチラッとこちらに目を向けたのだった。


誰だろう。


大方の取引先は、この時間は来客があると知っているから、電話なんてかけてこないのに。


「もしもし」


部屋を出てから電話に出ると、


「美月さん?ごめんね急に。今、大丈夫?」


それは、和久社長からの電話だった。


「和久社長!?」


何でこの番号を知っているの!?


と聞きそうになって、いつだったかここへ来た時に、番号を伝えた事を思い出した。


「兄貴は来客中なんだっけ?」


「はい。お急ぎでなければ、後ほどご用件をお伝えしますが…?」


「いや、今日は美月さんとアポを取りたくて電話したんだ。夜に会えないかな?」




この作品のキーワード
俺様  専務  御曹司  イケメン  秘書  オトナ女子  オフィスラブ  地味OL 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。