「美月~。届いてるわよ」


「あ、は~い」


あたしは会社を辞めてから、実家へ戻った。


本当は戻りたくなかったけれど、あたしも自分の気持ちにケリをつけたい。


だから、また呆れられる覚悟で戻ったあたしを、両親は意外とすんなり受け入れてくれたのだった。


帰ってきた理由は聞かないで、ただ会社を辞めたと話した時、“お前がそれでいいのなら”と、言ってくれたのだった。


章人の家庭がそうだった様に、あたしも自分が考えている以上に、親から愛情は注がれていたのかもしれないな…。


2階の部屋から降りていくと、今届いたばかりの書籍の荷物を受け取る。


「はい、どうぞ。美月が、こういうのに興味があるなんて知らなかったわ」


お母さんは優しく笑いながら、部屋の奥へと戻って行った。


あたしは、少し恥ずかしくなりながらも、早々に袋から取り出す。


なぜなら、この本には章人が出ているから。


たまたま見つけた経済誌の宣伝で、次期経営者の一人として、章人がインタビューをされた見出しを見つけたのだった。


お母さんは感心していたけれど、経済誌に興味があるわけじゃなくて、章人が気になるだけ…。


あれから半年。


連絡先を変えたあたしは、絢ですら関係が途絶えている。


退職前に、散々助けてもらったお礼の手紙を送ったのが最後だ。


「ゆっくり見よ!」


築35年の木造和風の実家は、2階へ上がる階段が足を掛けるたびにきしむ。


章人と過ごしたあのマンションとはまるで違う、小さくて古い家だけれど、心の整理をするにはちょうどいい。


ベッドへ寝転がると、他のページを飛ばして、章人の記事から読み始めた。




この作品のキーワード
俺様  専務  御曹司  イケメン  秘書  オトナ女子  オフィスラブ  地味OL 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。