「美月さんと、また会えて良かった。これで、少しは借りが返せたかな?」


章人のマンションに戻って初めての休日、和久社長があたしに会いにやって来たのだった。


「何が借りだよ。お前は、用が済んだら帰れよ?」


キッチンでお茶の準備をしている章人に、和久社長は生意気そうに、ソファーから見上げるように顔を上げた。


「なんだよ兄貴。少しは、二人の気持ちの盛り上がりに貢献したろ?」


「ねえ、和久社長。どういう意味なの?」


あたしが聞くと、和久社長は笑顔を見せた。


「ほら、美月さんに会った日の夜にさ、オレ兄貴に話したんだよね。美月さんは、楽しそうで幸せそうだったよって」


「何でそんな事を…?」


そんなそぶりを、見せたつもりはなかったけどなぁ。


「そういう風に言った方が、兄貴が焦るだろ?実際、美月さんに彼氏が出来たんじゃないかって焦ってたし」


「おい!和久、余計な事を言うなら帰れ!」


顔を赤くした章人は、お茶を持って来てあたしの隣に座ると、乱暴にカップを置いた。


「分かった、分かった。これを飲んだら帰るよ」


笑いを堪えながら、和久社長は熱いお茶をノドへ流し込んだ。


「それから、これを渡しとくね」


と言って差し出され物は、正真正銘の蒼衣さんからの結婚式の招待状だった。


「美月さんに遠慮したのかな?兄貴宛てのも、実家に届いたらしいから」


「ありがとう」


少し笑顔になり、章人はそれを受け取った。


「美月の話しをしたからな。一緒に行こう、今度こそ」


あたしを見つめる瞳に、ゆっくりと頷いた。


もう、不安になるものなんてない。


和久社長は“ごちそうさま”と言うと、手を振って部屋を出て行ったのだった。




この作品のキーワード
俺様  専務  御曹司  イケメン  秘書  オトナ女子  オフィスラブ  地味OL 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。